Python

[Python] Pythonの超基本をまとめてみる。配列(list)について。

今回はPythonの配列(list)についてです。他の言語では配列と呼ぶのをPythonではListって呼びます。

 

 

Pythonを勉強していて思うのが、なんでこんなふうに呼び方を変えているのかなということです。

 

 

たぶん、Pythonを勉強したことがある人なら誰でも思ったことがあるのではないでしょうか。

 

 

まぁ、愚痴を言っても始まらないので、そういうものだと覚えるしかないですね。

 

 

ここから先は、配列のことをリストで書いていきたいと思います。

 

 

 

リストの宣言

Pythonでのリストの宣言は以下のようになります。

 

 

言語によっては [] が () だったりもするのですが、Pythonの場合は [] です。

 

 

上記はリストの中身を文字列(string)にしてみましたが、もちろん、intやfloatも大丈夫です。

 

 

 

 

リストの要素数を知る

リストのサイズ(要素の数)を知るには、lenを使います。

 

 

 

 

リストに値を追加する

appendを使うことで、リストの末尾に値を追加することができます。

 

 

 

 

リストの場所を指定して要素を追加する

insertを使えば、リストの何番目かを指定して要素を追加することができます。

 

 

 

 

リストの最後から2番目に要素を追加したい時

insertで -1 を指定すると、最後から2番目に要素が追加されます。

 

 

 

 

要素の削除

リストから要素を削除したい場合です。removeを使うことで削除できます。

 

 

 

 

要素を逆順に並び替える

reverseを使うことで、リストの要素を逆順にすることができます。

 

 

 

要素をソートする

要素を昇順に並び替えたい場合です。これは数字の方がわかりやすいので、数字でやります。

 

sortを使うことで並び替えることができます。

 

 

 

 

sortメソッドでreverse=Trueにすると、降順に並び替えることができます。

 

 

 

for文を使って要素を取り出す

最後に要素を取り出してみます。

 

 

 

 

他にも色々あるのですが、実用的なのはこのくらいではないでしょうか。個人的にはこれぐらいしか使ったことないです。

 

 

ではでは。

 

ブログランキングに参加していますので、よかったらクリックお願いします(^^)

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村

スタディサプリTOEIC対策コース。関先生の講義が神。

スタディサプリ ENGLISH

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です