Python

[Python] Pythonの超基本をまとめてみる。変数と型について。

 

 

今回は、Pythonの超基本ということで、変数と型についてまとめてみました。

 

Pythonに限らず全ての言語の基本になるところだと思うので、ちゃんと理解しといたほうがいいですよね。

 

参考になれば嬉しいです!

 

 

 

変数とは

変数とは、プログラミングをするときに使うデータを格納しておくものです。

 

このように書くと、numには1が代入されて、このnumという変数はそのプログラムの中で使用可能になります。

 

 

 

型とは?

変数を宣言する時に気にしないといけないのが、”型”という概念です。整数型(int)とか文字列型(string)みたいに、変数には”型”があって、その”型”をもとにプログラム側で演算が行われたりします。

 

 

変数を宣言する時に気にしないといけないと上で書きましたが、Pythonでは変数を宣言する時に型は意識する必要はないです。代入された値を見て、それが何の型なのかを勝手に判断してくれています。下にいくつか例を挙げてみました。

 

 

 

1を変数に入れるとPythonが勝手にint型だと判断してくれてますし、1.0にするとfloatと判断してくれてますね。”Python”を入れると文字列として認識してくれています。

 

 

 

演算

演算なんかも”+”の演算子を使うだけで勝手にやってくれるんですよね。下の例のように、数字や文字列も同じように演算できてしまいます。

 

 

 

 

int型とstring型で演算しようとすると

では、下のようなケースの結果はどうなるでしょうか?

 

 

コードの横にerrorって書いちゃってますけど、エラーになります。これは、int型とstring型の組み合わせで演算しようとしているのでエラーになっちゃいます。

 

 

 

このような演算をしようとした場合、以下のようにすればOKです。

 

 

数字をstring型に型変換しています。型変換のことを”キャスト”と言ったりもしますね。これでどちらもstring型とみなして演算してくれるようになります。

 

 

 

intとfloatの演算は?

じゃぁ、intとfloatの演算はどうなるでしょうか?

 

 

結果はfloatで出力されましたね。よかったです。

 

 

 

string型の数字と数字の演算は?

では、最後に、文字列型の数字をint型に変換して演算したい場合はどうすればいいでしょうか?

 

 

int(num3)でstringをintにキャストして使っています。これで演算ができるようになりました。

 

こんな使い方するの??って思われた方もいると思いますが、あるんですよね。そう言った話はまた、おいおいということで。

 

 

ではでは。

 

 

ブログランキングに参加していますので、よかったらクリックお願いします(^^)

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村

スタディサプリTOEIC対策コース。関先生の講義が神。

スタディサプリ ENGLISH

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です